2014年06月18日

女子大生と倍以上男子

倍以上男子という言葉を知っていますか?

若い女性が、自分の年齢の2倍以上の年齢の男性と付き合うケースが増えている、という記事の中で使われている単語です。

草食系やイクメン、のように一般的に使われるほどになるかはわかりませんが、女子大生に「倍以上男子」がモテているとの記事が。

今、女子大生の間でアツイ「倍以上男子」の特徴・4選
ttp://howcollect.jp/article/7240
(ハウコレ メイクと恋愛のハウツーサイト)

記事内ではなぜ倍以上男子がモテているか、という理由が出ていますが、確かに納得できる理由が多いです。

若い男性より、40歳ぐらいの男性のほうが、若い女性に対して積極的なのかもしれません。

40代中頃になると、バブル時代に青春時代を送った世代でしょうか。

うらやましいですね。若いときも遊べて、歳をとっても若い子と遊べて・・・

女子大生もおそらく2倍、ということにこだわっているわけではないでしょうから、30代でも十分可能性ありでしょう。

記事の中の理由にある、経済面の余裕、やさしさ、包容力、知識、等があれば若い男性に同じように勝てることでしょう。

40代になると、男性も結構体力が落ちてくる年頃。

そういう意味では30代後半ぐらいが、一番若い子と遊べるかもしれませんね。
posted by PCMAX2012 at 20:37| Comment(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

モテる写真

出会い系サイトやSNSに写真を投稿する人も増えていますね。
自分の顔がわかる写真
子供の頃の写真
友人達と写っている写真
自分の部屋等、インテリアの写真
手料理の写真
外食で食べたものの写真
旅行の写真
等々

モテるためにNGな写真としてよく言われているのは、
ナルシストっぽく見える写真。
自分で撮って決め顔だと、やはりそう言われますよね?

皆さんは写真映りはどうですか?
自分で意識して撮ろうとすると、変な顔や、こわばった顔、不自然な目線になったりしませんか?

それであれば、うまく撮れた過去の写真、いわゆる集団写真だったり、グループで撮った写真をトリミングしてはどうですかね?

多少他の人の一部が写っているぐらいでもいいと思います。

それであれば、選択肢が増えますよね?

というのも、履歴書用の証明写真とか意外って、そう1人の写真撮る機会ないですよね?
それだけに慣れていないですし、やりすぎるとナルシストに思われるし。

というわけで、自然な写真をトリミングして、自分の好きな範囲で使うこともありだと思います。

そのほうがモテ写真に近づけます。

モテるプロフィール写真

外でアクティブなところを撮る、とかがモテ写真の王道ですから、外でグループで撮った写真をトリミングするというのは、そういう写真を作るのに向いていますよね?

いまいち出会い系サイトやSNSでの写真受けが悪い、と悩んでいる人にはオススメです!
posted by PCMAX2012 at 12:53| Comment(0) | モテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

ギャル雑誌「egg」休刊とギャル文化

先日小悪魔agehaの休刊もありましたけど、ついにeggも休刊なんですね。
19年9ヶ月という歴史のあるギャル雑誌。
一時代を築いた雑誌ですよね。
類似の後追い雑誌も出てきたましたが、それらは先になくなっていましたが、本家はここまで残っていたんですけどもね。

これからのギャル文化はどうなっていくんでしょうね。

ギャル雑誌「egg」休刊、編集長コメント 19年9ヵ月の歴史にピリオド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000003-modelpn-ent
(モデルプレス yahooニュース)
ギャル雑誌「egg」(大洋図書)の休刊が報じられたことを受け、同誌の根津一也編集長がモデルプレスの取材に応じた。
同誌の休刊は、創刊当時の読者モデルである植竹拓氏のブログで明らかとなったもの。根津編集長は、モデルプレスの取材に対し「5月31日に発売するegg213号で休刊いたします」と休刊の事実を認め、休刊の原因や今後の方針、復刊の可能性については「現段、特に語るべき事ではないと考えますのでご容赦下さい」とした。


いろいろ記事を見るおt、ギャル文化は無くなった、というより拡散した、ということのようです。

viviがプッシュしているネオギャルはセレブファッションらしいです。
ギャルでセレブっていうコンセプトがよくわかりませんが。

ガーリーなギャル
清楚ギャル

というのもあるようです。

ギャルと一まとめにしていたものが、それぞれそもそも趣味違うよね、というなかで多様化したということなのでしょう。

皆がみな同じ服装、メイクをする、というのではなく、健全といえば健全ですよね。

ファッション誌自体が読まれなくなってきているという影響もあるでしょう。

好きな読モのブログを見て、参考にする若い女性も多いようです。

雑誌では、当然雑誌に広告料をはらっている、あるいは今年はやらせようとしている服を着て掲載されていても、プライベートではぜんぜん違う自分好みの服を着ていたりします。
もちろんステマ的にタイアップ広告もあるでしょうけども。

若い子もそのあたり自然と見抜いていて、これ 似合っていてかわいい!
という服を数ある情報の中から選んでいるので、1つの雑誌が押すものに流されたりしないのかもしれません。

ギャルにある程度詳しくなると、出会い系で知り合った若いギャルのほめ方がブラッシュアップできるので、そこそこ記事とか読んでしまいます・・・・



posted by PCMAX2012 at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。